ゼニカルの画像

ゼニカルは肥満治療薬です。食べる量を減らしてストレスを抱えるのが嫌だという方に合っているダイエット治療薬だと思います。単純にストレスを感じることなく効果的に体重を減らしたい方にぴったりだと思いましたので紹介していきます。

ゼニカルのおかげでたくさん食べても太らない女性

心臓病予防にゼニカルを使った減量方法

狭心症や心筋梗塞といった心臓病は、動脈硬化が一番の引き金になります。原因はいろいろありますが、加齢や肥満による動脈硬化が一番原因として多いです。
年齢とともに皮膚と同じように内臓や血管の水分が失われて血管が硬くなります。これが加齢による動脈硬化です。
肥満による動脈硬化は、糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病が原因で血管がダメージを受けることで、それを修復しようとして血管が硬くなることが原因になります。高脂血症は血液中の脂肪分が多い状態で、傷付いた部分に脂肪が引っかかることで血栓ができてしまうこともあります。
心臓病のリスクを下げるには、肥満解消は重要です。痩せるには食事制限と運動の2つが基本ですが、病的な食欲をコントロールできず、太り続けてしまう人もいます。
たとえば食欲をコントロールできなくなる過食症になると、目の前に死が迫ってきても食べるのをやめられなくなります。
このような人の減量方法に、ゼニカルを使うという手段があります。ゼニカルは食欲を抑えるのではなく、脂肪吸収を阻害してカロリーダウンを図ることで痩せさせる薬です。
過食症ほどの量を食べていれば痩せさせるというよりも現状維持が精一杯かもしれませんが、ダイエット効果が期待できる医薬品として認められています。
日本では未認可なので肥満外来などの病院で自由診療の値段で処方してもらうか、もしくはネット通販で個人輸入するしか手に入れる方法はありません。
安易に薬を使って痩せるというのは問題がありますが、過食症で苦しんでいる人、誰にも相談できずに悩んでいる人にとっては、助けになる可能性があります。
食欲抑制剤と違い、脳に影響を与えないので比較的安全に使えます。