ゼニカルの画像

ゼニカルは肥満治療薬です。食べる量を減らしてストレスを抱えるのが嫌だという方に合っているダイエット治療薬だと思います。単純にストレスを感じることなく効果的に体重を減らしたい方にぴったりだと思いましたので紹介していきます。

ゼニカルのおかげでたくさん食べても太らない女性

酢を使ったダイエットメニューとゼニカルの酵素

酢には、ダイエットに効く4つの効果があります。
1つ目はクエン酸回路を活性化させて、糖質や脂質の分解と燃焼を促進させることで、痩せやすい体にします。
2つ目は、酢に含まれているアミノ酸が脂肪燃焼酵素を活性化させることで、脂質分解を促進して、効率的に脂肪が燃焼できるようにさせます。
3つ目は、血糖値の上昇を抑えて、インシュリンの分泌を抑えることで、脂肪の蓄積を防ぎます。
4つ目は、弱アルカリ性の尿にして、新陳代謝と利尿作用をアップさせて、デトックスやむくみ解消効果を発揮します。
この4つの効果が得られるので、酢を使ったメニューはダイエットに良いと言われます。
この2つ目の脂肪燃焼に関わる酵素とは、リパーゼを指します。アミノ酸を摂取することでリパーゼの働きが活発になり、蓄積された脂肪の分解を促します。
リパーゼ酵素の働きを利用したダイエット薬として、ゼニカルがあります。こちらはリパーゼの働きを阻害して、脂肪が分解されないようにして痩せさせる薬です。
全く真逆のように見えますが、ゼニカルが分解を阻害するのは摂取した脂肪です。膵臓から分泌されるリパーゼの働きを阻害することで、摂取した脂肪がエネルギーに変換されないようにして痩せさせます。
酢は蓄積された脂肪を分解して、燃焼効率を上げて痩せさせるということを目的にしています。
摂取した脂肪と、蓄積した脂肪に対してのリパーゼの効果を分けて考えているわけです。
ゼニカル自体がそもそも人体の体の働きを無視したものだという批判もありますが、過食症などで食欲をコントロールできない人に対しては、メリットが大きいと考えられています。アメリカでも糖尿病や肥満症の治療薬として使われています。